2014/1/19 健倖セミナーアンケート報告

いやぁ~何言ってるか分りますかね?
講義の様子

※以下は、有効回答に対するアンケート結果を集計したものです。同意見や、近い表現のものはまとめてあります。一部、私がお伝えしたこととは違う意図(表現)がありますが、あえて受講生が「受け取ったまま」の表現があることをご了承ください。

 

※※セミナー終了後にアンケートを書いていただく時間がなかったので一部のみの集計結果です。

 

 

【1】今日のセミナーを『申し込む』にあたって何か迷いはありましたか?

・記入なし

 

【2】今日のセミナーの話から、今後、何やお役に立ちそうなことはありましたか?

・感謝はすることから始まる。

・体と心のつながりが腑に落ちたので、これからは、もっと体と会話します。

・感謝の気持ち。

・覚悟を決める。

・病気への怖さがなくなりました。

・アレルギーは脳の過剰反応であり、アレルギー(アレルゲン)自体が悪ではないということをきいてなるほどと思いました。ストレス・病気も脳の過剰なのだと気がつきました。

 

【3】今日のセミナーで『ビビっ』と来たことを一言でまとめると何ですか?

・改めて、気づかされることがありました!

・病気は、知らせてくれているということ。

・病は気と視点の問題。

・感謝はすることから生まれる。

・コロンブスの卵、先入観をはずす。

・有り難う。

・感謝が一番。

 

【4】もっと聞いてみたいテーマや話題を具体的に教えてください(リクエスト)。

・前向き、自信をもてるには?

・恋愛セミナー。

・宇宙と心と自然のつながり。

・ありがとうの実践。

 

【5】最後にご意見・ご感想・クレームなどご自由にお書き下さい。

・是非またセミナーをしてください!!

・健康になったら是非大嫌いな医師(治療家含む)を見返してやりたいと常々思っていますが、もしかしたらその考え方が違うような気がしないでもないという気がしました。でも、やはり1度は見返したいですので、これからも努力しようと思います。

・お話が腑に落ちた気がします。人の力で何とかするのではなく自然の力で行うという点がです。例えば、イヤな人がいた時にムリヤリ仲良くしようとしてストレスを感じるのではなく、視点をずらして考えないようにする。あるタイミングで実はこの人は昔こういうところがあったとか良いところがあるのを自然と見つけた時に、その人の他のイヤなところが気にならなくなる、そういうことかな、と思いました。病気もそれと同じで、排除することに目を向けるのではなく、そうなった本質に気づき、視点をかえて行動することで治るものだと思いました。

・今までの常識が崩れる、そんなセミナーでした。ウイルスのことや脳の仕組み等、目からウロコです。

 

 

◆ご職業一覧:集計不可

 

◆男女比:集計不可

 

◆参加者平均年齢:集計不可

健倖A&Hマネジメント

代表 朝倉穂高

アクティベータ・メソッド認定者

【更新情報・NEWS!!】

最終更新日:2017/4/11

「出張施術」を更新しました。

 

現在ホームページリニューアル中のため、度々、書式や内容が変更になりますが、ご了承ください。

健倖A&Hマネジメント事務局

〒113-0033

東京都文京区本郷1-4-7

協和ビル5F(ナチュラルケア水道橋外来センター内)

TEL/FAX:03-5805-0927